神社婚に関する情報サイト

このサイトでは、日本ならではの神社挙式の西洋式ウェディングにはない魅力や特徴についてご紹介しています。
現在広く行われるようになった神社での結婚式の歴史や始まりから、現在の神社での結婚式の挙げ方についてまで紹介しているサイトです。
これらのような結婚式は新郎新婦や参列者みんなの思い出に残る素敵な挙式になる可能性があるほか、式を挙げた神社との縁が長く続くという日本らしい特色もあります。
神社で挙式を考えているのなら、ぜひ参考にしてみてください。

日本ならではの神社挙式で結婚式を行う魅力!西洋式にはない魅力や特徴について

日本ならではの神社挙式で結婚式を行う魅力!西洋式にはない魅力や特徴について 現代の日本では、キリスト教式や人前式のほかに神前式もよくおこなわれています。
この神社挙式にはどのような魅力があるのか、と思っている人もいるのではないでしょうか。
神社での結婚式は西洋式とはまた違った趣があり、人を引き付けています。
そのような魅力の1つには、伝統的な日本ならではの雰囲気で挙式ができるということが挙げられます。
室町時代から伝わっている結婚式の方法で、奥ゆかしさや厳かな雰囲気に包まれて結婚式をすることが可能です。
雅楽の演奏を聞いたり巫女の舞を見たりすることもできます。
さらに和装の婚礼衣装を着ることができるのも、神社挙式の良いところです。
新婦は白無垢や色打掛、新郎は紋付袴姿という神社に映える姿となります。

神社挙式の魅力や選ぶ上でのメリットについて

神社挙式の魅力や選ぶ上でのメリットについて 神社挙式は神前式と呼ばれ親しまれており、近年選ぶ人はかなり増えているスタイルです。
昔ながらの日本の結婚式ということもあり、日本らしさや伝統を大切にしたいと考えている人にもぴったりです。
和装を楽しむことができ、和の雰囲気に溢れているので和装が生えるというのも魅力ではないでしょうか。
神社は昔から存在しており、よほどなことがない限りかなる心配もないので、神社挙式を挙げることによって何度でも訪れることができ、思い出を振り返ることが出来るという点もメリットと言えます。
一般的には挙式や披露宴は女性がメインというイメージがありますが、神社挙式は誓詞奏上という神様に誓いを述べる儀式があり、これは一般的に新郎が読み上げることになるので、新郎が活躍できるスタイルという点も特徴です。
厳粛な雰囲気の中で執り行うことが出来るので、親戚など年配の人が多く足を運ぶ場合でも納得してもらえる場合が多いです。
近年では要望に合わせて臨機応変な対応をしてくれる神社が増えており、より満足度の高い式になりやすいという魅力もあります。
両親や親族など身近な人だけを呼んで、小規模でアットホームな雰囲気になりやすいという点も魅力の一つです。

神社挙式を行う際はデメリットを理解して対策を講じよう

神社挙式は教会式と比べて費用が少なくて済むことや、落ち着いた雰囲気で結婚式ができるというメリットがあります。
神式結婚式にはいくつかのメリットがありますが、デメリットも存在するのできちんと理解しておく必要があります。
神社挙式のデメリットとして、儀式に参加できる人数が少ない(両家で合計30名程度)こと、挙式が執り行われている間は写真や動画の撮影が禁止されている、多くの神社は結婚式のための設備(披露宴会場・控室・写真撮影用のスタジオなど)がないこと、などが挙げられます。和装姿で結婚式に臨みたいという理由で神社挙式を選ぶカップルも少なくありませんが、気温的に儀式の最中は写真や動画の撮影が禁止されています。
このため、挙式後の食事会などの際に撮影をすることになります。和装姿の写真をたくさん残したい場合は、別の日に前撮りを行う必要があります。
ただし神社の境内での前撮りは許可が必要ですし、商業利用が禁止されていることもあるので注意しましょう。
規模の大きな神社でない限りは境内に披露宴用の会場を備えていないケースがほとんどなので、食事会を行う場合は事前に近所の料亭やレストランなどを予約しておく必要があります。

神社挙式に参加するときのドレスコードを知りましょう

神社挙式に招待されたら、いったいどんな点に気を付けて服装を用意すればいいのでしょうか。神社で結婚式を挙げるからといっても、ゲストも必ず和装でなくてはいけないということはありません。
もし和装で行きたいなら、独身女性の場合は華やかな振袖を着ることができます。訪問着は既婚者も未婚者も着用できます。
きれいで見栄えのいい振袖ですが、神社挙式に着ていくときには花嫁の婚礼衣装の色と被らないようにするのがマナーです。白無垢と被る白は避け、色打掛の定番カラーの赤や黒も避けておいたほうが無難です。
それでは、洋装で神社挙式に参加する場合のドレスコードはどうなっているのでしょうか。洋装の場合は、教会式とほぼ同じように考えれば簡単です。フォーマルなワンピースかドレスで、白無垢と被る白は避けます。
露出度の高い服装や、レザーやファーなどの素材を使った服装もやめておきましょう。素足での参列も望ましくないので、ストッキングも必須です。

神社挙式を外国人の方が利用する上でのポイント

結婚式は世界中で多くのカップルが行うイベントの1つですが、日本でも様々なスタイルでの式を行う事が可能です。
キリスト式や人前式などもありますが、日本ならではの伝統的な式スタイルとして神社挙式も人気があります。多くの日本人が利用している神社での結婚式ですが、外国人の方が利用できるかどうか不安になる場合も多いです。
神社挙式自体は外国人であっても問題なく利用する事ができ、日本の伝統的な文化を体験しながら式を行う事が出来ます。
ただし注意点として新郎新婦だけでなく親族も含めて、神社での挙式に理解してもらうという事が大切です。神社自体は宗教的にとても寛容ではありますが、場合によっては外国の宗教によっては難しい場合もあります。
お祝いの式にもかかわらず思わぬトラブルになる可能性もあるので、宗教感も含めて新郎新婦だけでなく親族含めて理解してもらう事が大切です。宗教に関する問題がなければ、より素敵神社挙式にする事が出来ます。

神社挙式のプランは幅広い世代たちの間で人気

結婚式を挙げる際に、どのようなスタイルのするのかで悩むカップルは少なくありません。ゲストハウスウエディングやレストランウエディングなど色々なスタイルがあり、自由に選ぶことができます。近年は、結婚式を行わずに写真のフォトウエディングも人気です。
幅広い世代たちの間で定番人気の結婚式のスタイルといったら、神社挙式でしょう。
神社挙式は、文字通り、神社で結婚式を執り行うことです。神様の前で結婚を誓うことから、神前式とも呼ばれています。神社挙式の歴史は室町時代まで遡るといわれており、その当時は数日かけて挙式を行っていたようです。
現代の神社挙式は、半日程度で終わるのが一般的です。家族と家族の新たな結びを大事にする挙式スタイルでもあるため、親戚関係を大事にしたい方にとっては魅力あるものに感じるかもしれません。
歴史ある建物の中で和服を着て式を挙げるので、日本の伝統や文化を感じることができるのが魅力です。そのため、外国人の間でも人気があります。

リーズナブルな結婚式をしたいなら神社挙式

挙式の平均費用は35万円程度というデータがありますが、神社挙式の場合は平均で20万から25万円なので、他の挙式スタイルに比べてリーズナブルな料金であることがわかります。
そこからさらに挙式費用を抑えようと思うなら、いったいどのような点に気を付ければいいのでしょうか。
まず、自分たちにとって本当に必要な演出のみに絞ることです。神社挙式も、豪華絢爛な花嫁行列や厳かな雰囲気を演出する雅楽の演奏など、魅力的な演出がたくさんあります。これらはオプション料金になっていることが多いので、不要なものは省略してシンプルな挙式にすることも可能です。
白無垢や色打掛などの花嫁衣装は、その神社と提携しているお店や式場から借りるケースが多いですが、外部のドレスショップに切り替えた方がレンタル料が安くつく可能性もあります。念のために他のショップも確認しておきましょう。
披露宴をする場合は、別会場に移動するよりも神社の敷地内で行えば交通費を浮かせられます。他にも様々な方法でリーズナブルに済ませましょう。

神社挙式を選ぶカップルが増加している理由とは

以前は結婚式と言えば、タキシードを着た花婿とウェディングドレスの花嫁が多かったというイメージを持っている人は多いのではないでしょうか。
しかし最近では神社挙式を選ぶ人達も増加しているといわれています。かつては紋付袴の新郎と白無垢や色打ち掛けを着た新婦が挙げる神社での挙式は、古風すぎると思われたり時代遅れのように感じられていた時代もありました。
それなのに今では反対にこの昔ながらの趣が新鮮だととらえられるようになり、人気を集めています。神社挙式が選ばれる理由には、やはり伝統的な日本らしいスタイルで結婚式が出来るということが挙げられます。それから美しい白無垢や色打掛、黒引きなどといった和装が着られることも人気の理由です。
写真映えする美しい和装が、現代の女性の心を掴んでいます。さらに神社挙式は基本的に家族のみが参列するので、小規模な結婚式を望む人が多い今の時代に調和していることも理由の1つとなっています。

伝統的な挙式である神社挙式で起こりうるトラブル

神社挙式は近年再び注目が高まっている挙式スタイルです。多くのカップルが神社挙式を検討しますが、その際注意しなくてはならない点があります。
まず考えられるトラブルとして、天候に左右される、衣装や小物、タイムスケジュールがずれる、交通アクセスを考慮しなくてはならないことなどがあげられます。
神社は自然豊かな場所にあることが多く、さらに挙式用に作られているわけではないので、雨や強風に対処できないことがあります。
悪天候によって予定していたスケジュールをこなすことができなかったり、予定していた場所で行えなかったりする可能性があるため、急な予定変更への対策も事前に考慮しておかなくてはなりません。交通アクセスも台風シーズンなどは交通渋滞が予想されることもあり、ゲストが遅れる可能性もあります。
衣裳や小物に関しては、神社挙式の場合特別な衣装や小物を使用することが大変多いです。レンタルをしている場合は紛失や汚れ、破損が生じた時の補償の仕方などを把握し、式の最中に破損した場合の修繕キットの用意も考えておく必要があります。

伝統的な結婚式である神社挙式のマナーとは

日本の伝統的な結婚式である神社挙式は特定のマナーがあります。一般的に神社挙式の場合新郎は袴、新婦は白無垢や色打掛と呼ばれる伝統的な和装となります。ゲストも和装が望ましいですが、必ずしも和装でなくてもよく洋装でも構いません。
神社挙式は神社という場所上、大変厳かであり、大声で話をしたりはしゃいだりはしません。挙式中は話後wと小さくする、もしくはできるだけ控えることが大切です。
またカメラや携帯電話の使用も控えた方がよく、写真を撮影、もしくはビデオ撮影をしたい場合は事前に神社側と相談が必要となります。
このほか神前で儀式が行われますが、神前に進む際には拝礼をして心を静め、神に感謝の気持ちを捧げます。一定のマナーがありますが、初めてでもわかりやすいように神主や巫女が案内をしてくれるのでその通りに進めると良いでしょう。
もともと家と家を結ぶ儀式であるため友人などを招かないケースも多いです。神社によって独自の決まりごとがあるので、事前に確認をしておくと安心です。

知っておきたい神社挙式の準備に関するポイント

結婚式をするなら神社挙式を選びたいけれど、どのようにして準備をすれば良いか気にかかってる人もいるのではないでしょうか。
神社挙式をするためにはまず、希望する挙式会場を押さえる必要があります。どのくらいのタイミングで申し込めば希望する日時に予約が取れるかは、それぞれの会場となる神社によって異なっています。
しかし結婚式に人気のシーズンや日柄の良い日は、人気の神社なら早くから予約が埋まってしまうことも少なくありません。
希望通りの日時を押さえるためには早めの予約をおすすめします。神社挙式を申し込むときは、神社と提携している結婚式場に連絡を取る方法が一般的です。神社挙式の後に披露宴も行う予定があるならば、この方法がスムーズでしょう。
また直接神社に問い合わせをして、申し込み方を聞く方法もあります。提携の披露宴会場がない場合や、挙式後に小規模な会食をするため他の店を利用したいときにはこの方法が良いかもしれません。

神社挙式の舞台として人気の高い神社の傾向とは

神社挙式は、その名の通り神社で執り行われる結婚式のスタイルです。わが国の伝統的な思想である神道の精神にのっとった、華やかな中にも厳かさを感じさせる独特の雰囲気が魅力的です。
神道は特定の宗派や宗旨などへのこだわりがなく、非常に寛容な思想であるため、神社挙式も基本的には誰に対してもオープンな姿勢を持っています。
そのため、どの神社で式を挙げるかという点については、自分の好みで選ぶことができます。十分な知識がないので迷ってしまうというのであれば、世間で人気の高い神社を選ぶというのであっても構いません。インターネットの結婚情報サイトなどには、挙式に利用できる神社のランキングなどが掲載されています。
そうしたランキングの傾向としては、やはり景観の良い神社が上位にランクされる傾向があります。境内のロケーションや本殿の建築美など、フォトジェニックな場所が好まれるようです。その他、有名人がかつて式を挙げた神社や、披露宴会場などの付属施設が充実している神社なども人気があります。

神社挙式と選び抜かれた会場、二人の門出にふさわしい結婚式のすすめ

人生において特別な日として多くの方が心に留めるのが結婚式です。
そんな大切な一日を神聖な雰囲気の中で迎えたいと考えるカップルにとって、神社挙式は非常に魅力的な選択肢となります。
厳粛な空間で行われる神前結婚式は、二人の新たな門出を神々が見守る場として、古くから日本の風習に根ざしています。
こうした挙式を行う際は、その神社の由緒や、自然が織りなす景色、四季の移ろいが感じられる環境など、細部に至るまでこだわり抜いた会場選びが成功の鍵となります。
神社挙式を選んだからには、その後の披露宴の場も同じく意味のある空間でと考えるカップルは少なくありません。
そこで重要となるのは、挙式のスタイルに見合った披露宴会場を見つけることです。
伝統的な和の趣を重んじつつも現代的な設備やサービスを提供する会場や、自然と調和した景観でゲストを魅了するロケーション、さらにはオリジナリティあふれるプランニングが可能な場所など多種多様な場所が候補に挙がります。
大切なのは、二人の思い出や願いを形に変え、二人らしい一日を演出すること。
神社挙式を迎えるためには、事前の下調べや会場の見学を怠らず、二人で共に決める心構えが不可欠です。

ゆかりのない場所で神社挙式をしても大丈夫?

結婚式とは、二人の門出を祝福し、その祝福を親しい人々とともに分かち合う大切な儀式です。
多くのカップルが選ぶ結婚式のスタイルの一つに、神社挙式があります。
厳かな雰囲気の中で行われる神社挙式は、日本の伝統美と格式を感じさせ、特に大切な日にふさわしい選択でしょう。
しかしながら、神社挙式を希望するカップルの中には、「自分たちにゆかりのある神社が遠方であるため、結婚式を挙げられるか心配」という悩みを抱えている方もいるかもしれません。
肝心なのは、神社に直接ゆかりがなくとも、その地に感じる縁や二人の想いを大切にすることです。
たとえばあるカップルが、双方の実家から遠く離れた場所で出会い、共に歩んできたとすれば、そこには新たなゆかりが生まれています。
そういった場所にある神社で挙式を執り行うことにより、二人だけの特別な絆を結ぶことが可能になるのです。
また、神社によっては、地域の方々や訪れる人たちの幸せを願い、ゆかりのないカップルでも心を込めて迎え入れてくれるところも多くあります。
重要なのは、心からの尊敬と感謝の気持ちを持って、神様に誓いを立てることです。
これを機に、新たな土地での生活を始めることも、これからの人生を象徴する素晴らしいスタートとなるでしょう。
神社挙式は、ただの場所ではなく、二人の心が向き合う聖なる場として、最高の舞台を提供してくれます。
ゆかりのない場所での神社挙式も、カップルの想い次第で最適な選択となることを覚えておいてください。
神前で結び合う二人の絆が、これからの幸せな家庭生活の基礎となるのです。

神社挙式での感動的な演出に関するお役立ち情報とポイント

結婚式は一生に一度の特別な日です。
そんな大切な日を過ごす場所として神社挙式が考えられる場合、演出にこだわることでゲストにも深い感動を与えます。
古き良き日本の伝統を重んじる神社挙式は、その厳かな雰囲気の中で、ふたりの新たな門出を祈ります。
神前で交わされる誓いは、結びの神として知られる結婚の神様によって結ばれるとされ、これが神社挙式の大きな魅力の一つです。
演出のポイントとして、まずは和装の選択が挙げられます。
新郎新婦が和装で統一された装いをすることで、一層の格式を感じさせることができます。
また、生の音色で奏でられる雅楽は、神聖な挙式の雰囲気を高め、参列者への心の響きも深いものにします。
さらに、神社の自然豊かな環境を活かしたロケーション撮影も、挙式の思い出を色濃く残す演出としておすすめです。
神社固有の歴史や神話にちなんだエピソードを紹介することも、挙式の一環として盛り込むことで特別感を演出できます。
また、地域によっては独自の儀式や習慣を取り入れることができるため、そういった地元色豊かなプログラムも参考にすると良いでしょう。
神社挙式をプランニングする際には、神社のご神体に触れる機会を設けることも、非常に印象深い演出となります。
結婚式を彩る演出を検討する際は、伝統と革新を融合させたアイディアで、ふたりらしい神前結婚式を創り上げることが重要です。
神社挙式でしか味わえない、心に残る演出を考え、一生の思い出を作り上げましょう。

神社挙式を控えた新郎新婦へ送る、伝統と格式を彩る結婚式の準備と心得

結婚は人生の節目であり、新郎新婦にとって特別な瞬間です。
特に神社挙式は日本古来の伝統に則り、ふたりの門出を厳かに彩ります。
神社での結婚式を控える新郎新婦にはいくつかの心得と準備が必要です。
まず衣装の選定では、白無垢や色打掛などの伝統的な装いを選ぶことが多く、一生に一度の晴れ舞台にふさわしい装いを選びましょう。
装束だけでなく、髪型や小物にもこだわり、格式を示す装いを整えるのが望ましいです。
加えて、神前で結び行われる儀式には身を清める心構えが求められます。
結婚式前には両家の親族をはじめとする出席者にも連絡を取り、その進行や服装の規定について理解を深めてもらう必要があります。
神社挙式はただのセレモニーではなく、夫婦が結ばれる神聖な儀式であり、歴史と文化を感じさせる出来事として、心に残る思い出になるでしょう。
この大切な日を迎えるにあたり、神社特有のしきたりを学び、伝統を重んじた挙式を執り行うことで、始まりの一歩を心に刻むことができます。

神社挙式とパワースポットを巡る特別な一日の過ごし方

結婚という人生の新たな一歩を踏み出すお二人が、神聖な雰囲気の中で誓いを立てる神社挙式は、日本の伝統と自然の美しさを感じる特別な瞬間です。
そんな一生に一度の記念すべき日を、さらに思い出深いものにするためにパワースポットを訪れるカップルが増えています。
神社挙式を終えたあとは、幸せを願って二人で力を合わせそのパワースポットへ参拝するのも素晴らしい過ごし方です。
心安らぐパワースポットで、これから始まる新たな人生に思いを馳せる時間はかけがえのないものとなるでしょう。
神社挙式の際には和装が選ばれることが多く、伝統的な衣装を身に纏いその地域固有の神話や歴史に思いを馳せることができます。
挙式の後のパワースポット巡りでは、自然の中で撮影する写真もまた、絵になるものです。
神聖な記念の場所である神社での挙式から始まり、エネルギーに満ちたパワースポットを巡る一日は、幸せな夫婦の新生活のスタートに最適なプランと言えるでしょう。
ともに選んだ場所で誓いを立て、永遠の愛の証を築き上げていただきたいと願っています。

神社婚の最新情報をもっと

倉敷での神社婚情報

新着情報

◎2024/5/17

情報を更新しました。
>神社挙式と選び抜かれた会場、二人の門出にふさわしい結婚式のすすめ
>ゆかりのない場所で神社挙式をしても大丈夫?
>神社挙式での感動的な演出に関するお役立ち情報とポイント
>神社挙式を控えた新郎新婦へ送る、伝統と格式を彩る結婚式の準備と心得
>神社挙式とパワースポットを巡る特別な一日の過ごし方

◎2023/7/27

情報を更新しました。
>神社挙式を選ぶカップルが増加している理由とは
>伝統的な挙式である神社挙式で起こりうるトラブル
>伝統的な結婚式である神社挙式のマナーとは
>知っておきたい神社挙式の準備に関するポイント
>神社挙式の舞台として人気の高い神社の傾向とは

◎2022/9/26

情報を更新しました。
>神社挙式を行う際はデメリットを理解して対策を講じよう
>神社挙式に参加するときのドレスコードを知りましょう
>神社挙式を外国人の方が利用する上でのポイント
>神社挙式のプランは幅広い世代たちの間で人気
>リーズナブルな結婚式をしたいなら神社挙式

◎2021/11/16

結婚式を挙げた神社との縁が続く
の情報を更新しました。

◎2021/9/21

みんなの思い出に残る素敵な挙式
の情報を更新しました。

◎2021/6/30

サイト公開しました

4人ハンガリー人の友だちの結婚式に呼ばれて行って、日本の駄菓子屋2万円分ご祝儀がわりに広げたらヒーローになった事がある

一番の親友(キャプテン)の水産高校柔道部同期の弟が高見山がスカウトに来て断りその同期の結婚式で親友は○○栄子を知り私に栄子を知ってるかと🤭栄子の旦那は近くの警察の刑事をしているとその後に親友から聞きましたが日本は狭いですね🤭栄子さんは中学一年の頃に好きで🤗不思議ですねサプライズ😂

-->